タスケテ運動が起きる

大学サッカー連盟は、このほど、年末のインカレ開催のPR活動として、
「大学サッカー・タスケテ」運動を始めました。
こんなPRはかってなかったことですが、数えるほどのファンしか来ない
現状に、広く、世間の理解を得たい、一心の動きです。

「大学サッカーには潜在的な能力を持つ選手がたくさんいます。
将来有望な選手をもっと、企業も取り上げて欲しい」という熱意を
感じます。
もう61回にもなる伝統の全日本学生選手権大会、今年度は
国立競技場が大改修で使えません。決勝は12月21日。
このころは日本代表戦、Jリーグもないので、絶好のチャンスですが、
ファンが集まるか、このPR運動が成功するかどうか、にかかります。

すでに第1弾のリアクションは多く、ツイッター384件、フェイスブックの
リーチ10322,シェア91件。第2弾は企業への呼びかけです。
さて、年末の最後を飾る舞台に、どれほどのファンが集まるか、
応援したい、と、思います。
(松原明)

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部OB   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>