第331回 向井 尭良

逆境にsmile
こんにちは。
総合文化政策学部4年の向井尭良です。
青山学院大学に入学したのも束の間、気づけば最高学年になり時が経つ早さを痛感しています。
しかしこの約4年間、色々な人に出会い、たくさんのことを学ぶことができました。優しい先輩、生意気な後輩、サッカーに真剣に取り組む同期(大怪我をして完治に約1年かかると診断された後、サッカーのために大学を1年間休学してリハビリに専念する決断をした友人もいました、果たして自分が同じ状況に立たされたとき覚悟を持ってその決断ができたでしょうか)、自分に新たな価値を見出して世界に飛び出していった仲間、生物的に最強になることを目指し日々己を律し続ける高校時代の友人、家事全般をこなしながら音作りに励む同い年の近所の知り合いなど、本当にたくさんの人と出会いました。
これらの出会いは、今まで勉強とサッカーだけちゃんとやっていればいいと考えていた自分にとってインパクトのあるものでした。いったい何のために自分が勉強とサッカーをちゃんとやるのか、しっかり考えていなかったからかもしれません。出会い全てが新鮮で楽しく、自らの視野を広げるきっかけとなりました。
しかしそういった人たちに感化されて新しいことを自分の中で積み上げようとしても、それは決して簡単なことではなく、辛い時や苦しい時も往々にしてありました。でもだいたいは自分に一言「逆境にsmile」と投げかけることで乗り越えられました。
こんな感じで良い時も悪い時もある学生生活だったからこそ、4年間という時間の経過が早く感じたのかもしれません。何の変化もないつまらない4年間だったら、もっと長く感じていたことでしょう。
学生時代に得たこの経験を糧に、社会に出ても出会いを大切にして常に人から様々なことを学び、楽しい人生にしたいです。
拙い文章でしたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。選手たちの戦いはまだまだ続くので、引き続き青山学院大学体育会サッカー部のご支援ご声援のほどよろしくお願いいたします。
カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>