第315回 上村 晨太郎

ESより真面目に書きました。
6月1日、令和になって1ヶ月が経ちましたね。時の流れは恐ろしく早いものですね。通信速度制限が解除された方、おめでとうございます。皆さん、何かの気晴らしに読んでください。
さて、四年生という今の時期は将来について色々と選択する時期、選択される時期だと思います。そんな中で、あそこの大学だったらなぁとか、あそこに入りたかったなぁとか色々と感じる時が皆さんにはあると思います。自分がどんな境遇に置かれていても、人を羨ましいと思ってしまう時はあるものですよね。(僕自身は全然ないんですけど)でも、今の環境だからこそ、また、その環境で出会えた人たちがいたからこそ、今の自分ができて、今の感情が生まれるものだと思っています。「かけがえのない」とは、こういうことを言うのでしょう。大学に入ってからは、ずっとかけがえのない時間を過ごせているなと感じます。だから、僕は人を羨ましいと感じないんだと思います。このような大学生活を生涯忘れることはないでしょう。みながみな大学生活を宝物だとは思わないとしても、絶対に財産になると思います。
ふと、思い出してみれば、入部初日に、初対面でO坂K太郎に「お前誰だよ」と言われたこと、朝走りの集合が7時で「え、始発ないじゃん」と冷や汗をかいたことは昨日のことの様に覚えています。エピソードを全部出すと、ハリーポッターより文字数が多くなってしまうのでやめときますが、総じて最高の2文字です。こういった環境で過ごせて、人に物凄く恵まれていると感じおります。
部活の皆様だけではなく、大学の友達、他大の友達、地元の奴ら、どっかで会った人などなど、皆様に本当に感謝しています。
これからも皆様と、かけがえのない時間を過ごせていければなと思います。
以上!生まれ変わったら小栗旬になりたい、上村でした!
カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>