第311回 永岡 藍士

法学部3年の永岡藍士です。
5月12日は母の日でした。私の母は部内では結構有名だと思います。そんなことはよくて、私は母にガーベラの花を1本プレゼントしました。こうした記念の日に日頃の感謝を伝えることは大切なことだと思います。
さて、それでは本題で、最近私が得た考えについて話したいと思います。
昨シーズン、私はアイリーグ2部優勝を経験させてもらいました。これまでのサッカー人生で一番充実したシーズンでした。しかし、今シーズンに入り、上手くいかない、試合に出れない日々が続きました。そこで、なぜ上手くいかないか、なぜ試合に出れないかをサッカー人生史上1番考え、解決策を見出しました。それは、練習や試合の1つ1つのプレーやポジショニングなどを本当に、本当に、本当に、常に頭の中で意識してサッカーをすることです(こんなこと普通当たり前ですよね、マジでごめんなさい)。この考えを意識してプレーした結果として、アイリーグの開幕スタメンに入ることができました。
私のサッカーの話なんか正直どうでもよくて、なにが言いたいかというと、行動を起こすことが大切ということです。目の前に立ちはだかる壁を越えるために行動を起こす。現状を変えるために行動を起こす。正直、行動を起こすことってめんどくさいです。苦しいです。でも、行動を起こすことによって変化は確実に現れるし、自分にとって絶対プラスに働きます。今まで私は目の前の課題から逃げ続けてきました。それに気づいてないフリをしていました。これからの人生、何度も壁にぶち当たることでしょう。でもそういう時にこそ変化を恐れず行動を起こし、壁をぶち壊していきたいと思います。ここまで読んでくださりありがとうございました。これからも青学サッカー部の応援をよろしくお願いします。
カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>