第309回 吹野 竜司

サッカーを楽しむとは?
FC東京U-18出身、経営学部2年の吹野竜司です。
本題に入る前にこの場をお借りして感謝の気持ちを伝えさせてもらいます。
先日、2019年5月2日、20歳の誕生日を迎えました。ここまで育ててくれた家族、サッカーを教えてくださった監督、コーチの方々、切磋琢磨してきた仲間、仲良くしてくれた友人、自分に携わってくれた全ての方々に感謝しています。ありがとうございました。人生の節目の一つ。大人への第一歩。自覚と責任を持って行動していきたいと思います。これからも迷惑をかけることがあると思いますがよろしくお願いします。
それでは本題に入ります。
早くも大学1年生が終わってしまいました。
昨年は怪我に悩まされ、サッカーを楽しむどころかやることさえできず、焦りを感じていたのが正直な感想です。新シーズンが始まり、半年ぶりに復帰をすると自分が頭の中でイメージしているプレーと身体が全く合わず、辛い日々が長く続きました。怪我の期間、ずっとしたかったサッカーなのに楽しめていない自分がいました。私がサッカーで悩んだ時に立ち返るのがサッカーノートだったので久しぶりに中学、高校時代のサッカーノートを見返してみました。ノートの1ページに中学の恩師からのこんなメッセージを頂いていました。「サッカーを楽しむだけの材料は揃っているか?楽しむための努力をしているか?楽しく思えない時間を楽しめる選手に本当のサッカーの楽しみが訪れる!」この言葉が凄く私の心に響きました。もっと努力をしろよ。もっと我武者羅にサッカーしろよ。もっと真摯にサッカーと向き合えよ。そんな風に自分自身に言い聞かせながら取り組んできました。今は、段々とコンディションもあがり、自分のプレーが出せるようになってきました。今シーズンこそは、トップチームの一部昇格という目標にプレーで貢献できるように頑張ります。楽しい時間は誰かに与えられるのではなく自分で掴むもの。サッカーを楽しむためにこれからも日々努力し続けます。
カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>