第306回 新川 洋太

一体感がもたらす感動
こんにちは。国際政治経済学部、国際政治学科新3年の新川洋太と言います。3年目にして、初めて部員ブログを書かせていただきます。
いきなりですが、私は海外サッカーを観るのが好きです。もっと言えば、海外サッカーの観客やサポーターたちが作り出すスタジアムの雰囲気が好きです。スタジアムにいる同じチームを応援する全員が同じチャントを歌い、良いディフェンスがあれば全員で拍手を送り、ゴールが決まれば見ず知らずの人々とも抱き合いながら喜ぶ。そこでは老若男女は関係ありません。これを初めて見たとき、画面越しではありましたが、その熱を纏った一体感に圧倒され、感動し、サッカーの素晴らしさはここにあると強く思いました。サッカーには多くの人々を熱狂させ、感動させる力がある、さらに言えば、人々に感動を与えることが出来る、サッカー選手は素晴らしい職業である、と。私はイングランドのプレミアリーグが好きで昔からよく見ていたのですが、7年程前、まだマンチェスターユナイテッドに所属していた香川真司選手が、そのプレミアリーグでゴールを決め、何千人といるサポーターを熱狂させているのを見て、最高にかっこいいと思いました。いつか自分もここでゴールを決めてみたいと思ったのは言うまでもありません。
しかし、最近もう一つ印象的な出来事がありました。ボヘミアン・ラプソディという映画を見た時のことです。少しネタバレになってしまいますが、この映画では最後、Queenによるライブのシーンがあります。このシーンがとてつもないのです。大きなライブ会場を埋め尽くした観客全員が同じフレーズを歌い、曲に合わせて体を動かしている。映画のワンシーンとはいえ、音楽を聴くのは好きだが、生のライブには行ったことのない自分は、鳥肌が立ちまくりました。この映画を見て思いました。あれ、ミュージシャンもかっこいいなと。
余計なことも含めて長々と書いてきましたが、つまり何が言いたいかというと、熱を纏った一体感には、見ている人を感動させる力があるということです。これは自分の体で実証済みです。そして、青学サッカー部の活動理念は「心動」です。心動とは見ている人の心を動かすということ、つまりは見ている人を感動させるようなサッカーをしようということです。みなさん、選手応援関係なく全員で同じ方向を向き、熱を持って、「心動」を達成できるような一体感を作っていきましょう。
長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。青学サッカー部が作る一体感を感じに、是非とも会場に足を運んでいただければと思います。
カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>