第279回 横地 紀幸

『謙虚な挑戦者たち』
こんにちは。静岡県浜松日体高校出身の横地紀幸です。早いもので大学サッカーもラスト1年となりました。自分が青学サッカー部に入部すると決めた時、日体大でプレーをしていた知り合いの先輩に青学サッカー部のイメージを聞いてみたことがあります。
その返答は、『上手いけど勝てない』というものでした。その時は、自分も抽象的なイメージしか持てなかったので、『ふーん、そんな感じなんだ』くらいの感覚しかありませんでした。そして、実際に入部して3年の月日が流れ、4年目を迎えようとしている今、あの時の言葉を痛感しています。
実際、青学サッカー部の部員はめちゃくちゃ上手いです。なんでそんなプレー出来るの?みたいに思うことが多々あります。それでも、関東リーグでの結果が伴っていない。昇格できない。何故なのか。それは、どこかで『きっと勝てるだろう』といった慢心を持ち、勝ちへの執着心が少し欠如してしまっている結果だと思います。『トップチームに絡んだことすら無い奴が何を偉そうに』と思う人もいるかもしれません。それでも結構です。でも、これが現実です。本当に勝ちたいなら、関東1部に昇格したいなら自分みたいな下の人間が、もっと熱量を持ってトップチームの人を奮い立たせるような言動を取るべきだと思います。カテゴリーは違えど、同じチームなのだから。そのくらいはやらないと、上は見えてこないと思います。
だからこそ今シーズンに対する思いは相当強いです。部員全員で勝てる組織かつ良い組織を作り上げていきたい。その一心です。青学の『上手いけど勝てない』イメージを払拭するべく、残りの時間を無駄にはしません。そして、常に謙虚でチャレンジャー精神を持つことを忘れず、勝ちにこだわります。慢心なんかしてる場合ではない。
ここから始まる青学サッカー部の反撃を見ていてください。
勝ちます。昇格します。
カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>