第276回 高橋 聡史

「サッカー部への想い」
こんばんは。新4年生の高橋聡史です。
青学サッカー部に対する想いと1部昇格にかける気持ちを率直に書きます。
私はサッカー部に所属して4年目になるわけですが、その中で1番聞かれた言葉が
「青学って何部なの?」
という質問です。
「2部です」
と返すといつも相手の表情に1部じゃないんだという気持ちが表れます。
別に見栄を張りたいわけではないですが、私は信じられない程サッカー部の事が好きだからこそ青学サッカー部の価値をそこで測られてしまっている気がして悔しくて仕方がありませんでした。青学サッカー部の素晴らしさや自分達が一生懸命取り組んできたサッカーが理解されない。結果という形でしか表現出来ないということはこの3年間で痛いほど味わってきました。だからこそ誰もが認める形で青学サッカー部の価値を証明したい。1部リーグでプレーする事は叶わなかったですが、それ以上に後輩達に胸を張って1部でプレーしてほしい。胸を張って青学サッカー部の価値を語ってほしい。本気で思っています。だからこそ是が非でも1部に昇格させたい。
この想いを結果に結びつける為にも1年を通して行動で示していきます。
カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>