第267回 椿 健太郎

どうも青山学院大学体育会サッカー部3年椿健太郎です。関東リーグも残すところあと5試合です。四年生と試合や練習ができるのも残りわずかとなってしまいました。自分も残りの大学生活が少しずつ終わりを迎えているのも少しずつですが感じます。
入学してからあっという間にここまで来てしまって自分でもなにか大学生活で得られたかと言うと何も得られていないのではないかと思うことが多々あります。ですが目に見える変化ではなく目に見えない部分での変化では高校生活から約3年間で大きく変化できたのではないかと思います。目に見えない部分とは内面の部分のことで人を思いやる気持ちであったり、感謝の気持ち、こう言う当たり前のことを感じることができるようになったということです。そして最近自分のサッカー人生を考えていたときに一つ引っかかる部分がありました。『ありがとう』と考えてみたら自分の身近な人やチームメイト、家族、友人などにこの言葉を言うことって当たり前のようなことだけどなかなか使わないような気がしました。今思うと言わなければいけない場面などはたくさんあったのかなと思います。最近はその『ありがとう』と感謝の言葉をしっかりと相手に伝えられるよう心がけています。
家族、チームメイト、友人、相手チームの選手自分に関わる全ての人に感謝してこれからもサッカーをしていきたいです。
関東リーグ残りの5試合、全力で戦いますので応援よろしくお願いします。都合があいましたら試合会場に足を運んでいただき青山学院大学体育会サッカー部と共に心動しましょう。
少し俺らしくなく真面目な文面となってしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございました!
カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>