第165回 尾ノ上幸生

こんにちは。前橋育英高校から来ました1年の尾ノ上幸生です。
入部してあっというまに2ヶ月が経ちました。自分がここにきて1番に感じたことは学年関係なく仲がとてもいいことです。先輩方は偉そうにすることもなく常にチームの事を考えてピッチ上でもピッチ外でも行動してくれています。そんな人たちの背中を見て自分もサッカーだけでなく人間的にも成長していけたらいいなとおもいます。
現在、関東リーグは5連敗という状況です。
私は高校時代キャプテンをしており、よく監督に言われた言葉があります。
それは、『チームが苦しい時に助けられる選手が本物だ。』という言葉です。
流れが悪い時や中々勝てない状況が続くと不満や愚痴、人のことばかり言う選手がほとんどです。でもそういう人に限って大したことはしてませんし、今後も大したことをしません。1人でも多く苦しい状況の時に周りの選手に対して思いやりを持てる選手や俺がチームを助けてやろうっていう人が増えれば青学はもっと強くなれると信じています。ぜひ一緒に闘ってください。
応援よろしくお願いします!

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>