第127回 大岩貴思

こんばんは。
総合文化政策学部総合文化政策学科4年の大岩貴思です。

本日開催された関東リーグ東洋大学戦は先制したものの、その後2失点し逆転負けという結果になりました。
今日の試合を観て、サッカーは本当に何が起こるか分からないし、難しいものだというのを改めて思いました。

私事ですが、現在私は卒業後もサッカーを続けるべくチームを探している段階です。
年末や年明けにセレクションを行うチームが多いため、就職内定をもらっている同期と比べ、これからが1番忙しい時期に入ります。

夏休みに、中国地方や関西の地域リーグのクラブの練習や試合に参加させて頂く機会がありました。
そのチームの選手たちのほとんどは仕事をしながらJリーグやより高いレベルを目指してサッカーを続けている人ばかりで、非常に大変そうでしたがサッカーを楽しみながらも全力で取り組んでいる選手が多く、それが地域の人々の応援や関心を引き寄せているという印象を受けました。
本当に良い経験ができました。

このチームでの関東リーグはあと4試合、アイリーグはあと1試合しかありません。
青学サッカー部という素晴らしいチームでプレー出来るのは少しだけです。

最後まで悔いの残らないように過ごし、サッカーに対してひたむきな姿勢を貫こうと思っています。
応援よろしくお願いします!

ご精読ありがとうございました。

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>