第104回 鈴木雄也

こんにちは、社会情報学部社会情報学科4年の鈴木雄也です。

先日のアミノバイタルカップについて触れてみます。vs関東学院大学 後半ロスタイムの失点により、0-1で敗れました。試合内容としては両チームが均衡した良い試合だったと感じました。また、均衡していただけに、本当に悔しい敗戦でした。初めてスタメンとして出させてもらいましたが、チームの勝利に貢献することができませんでした。この敗戦を受け、結果が全てだと今一度思い知らせれました。結果に拘る、という部分が個人としてもチームとしても足りなかったのだと感じます。

今シーズン掲げた目標として、総理大臣杯優勝と1部昇格があります。前者は既に達成不可能となり、後者も達成するのが非常に難しい状況に立たされています。しかし、諦めるわけにはいきません。リーグ戦はあと12試合残されています。1つ1つの試合を全力で勝ち取り、最終的に12連勝することで、青学の昇格を引き寄せたいと思っています。

明日の東京国際大学戦は奇跡に近い挑戦の始まりです。
選手、スタッフ、応援してくれる方々が一体となり、必ず勝ち点3取りましょう!
最終節に全員で昇格の喜びを分かち合えるように。

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>