第65回 小原光弘

皆さんご存知、サントピアワールドで有名な新潟県出身の小原光弘です。東京という街に憧れて、田舎者丸出しで上京してきました。最近言われて1番嬉しかった言葉は「小原、東京に染まっちまったな。」です。
私が関東に出てきてまず感動したことは、サッカーがやりたいときに好きなだけサッカーがやれるということでした。関東の人にとっては当たり前のことに思えるかもしれませんが、自分にとってそれは本当に嬉しいことでした。
新潟は雪国で、毎年大量の雪が降り、グラウンド一面真っ白になります。そのため、冬場は外でボールを蹴ることができません。雪の上を走るのみです。雪の上フィジカルということで、通称雪フィジと呼ばれます。寒いし、ボール使えないし、スパイクボロボロになるし、雪フィジは本当にしんどいです。雪が大嫌いになります。そういう経験を経たことにより、サッカーができる喜びを、自分の中で大切にしていきたいと思えるようになりました。
話は変わって、いよいよ大学サッカー最後の年を迎えました。早いです。本当に早いです。引退もあっという間に迎えることになるでしょう。自分にできることは一日一日を大切にすることしかありません。小、中、高と大学3年間で学んだ全てのことを今年1年にぶつけたいと思います。2015年全員で最高な結果を必ず残しましょう。

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>