Monthly Archives: 3月 2015

第90回 角宮健介

えー、こんにちは。 愛知遠征では、スーパーでおばさんに高校生?と聞かれ、違いますと答えたら、 中学生?と聞かれた事で有名な、こう見えても大学生4年生21歳角宮健介です。 サッカー部の4年生の中で唯一の経済学部なんですが、1年の頃は、学部で一番キツイと言われる、英語の先生にわざわざ体育会変更をして落としたり、ドラえもんの絵描き歌などをテストに書けば単位を貰えるという言葉を信じて、問題を無視して、自分の生い立ちをテスト用紙いっぱいに書いてみたら、普通に落としたりして、厳しい戦いを繰り広げてきました。2年の頃は、普通に10単位落として、4年生では、見事に30単位残りました。みんなと一緒に卒業したいのでラスト1年は慎重に頑張りたいです。 サッカーに関しては、16年間ほぼ毎日捧げてきました。サッカー選手としての活動は、ラスト1年ということで、悔いが残らないように、とにかく、全力で楽しもうと思います。そして、自分たちの代は、もっている代、青学に何かを残せる代だと、なんとなくですけど、私は感じています。 それが1部昇格であれば、最高だと思います。 好きな選手はディ・マリアです。

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ

第89回 下重 優貴

あいさつをする前に言わなければいけないことがあります。 そう!4年生の皆さん卒業おめでとうございます。惜しくも卒業できなかった4年生もいるようで・・・。春からよろしく。 出会いがあれば別れがある。この世の中は上手くできているなぁと思います。振り返ると1日1日の重みが大切さが身に染みてわかります。 私ももう入学してはや、4年生になろうとしています。ついに社会人の目の前まで来てしまいました。人々は安定を追い求める!世はまさに大就活時代!(ワンピース引用)社会の厳しさ、楽しさ、難しさをそれぞれ知り、多くの方々に出会い、悩み、苦しみ、人として大きく変わろうとしています。そんな日々を大切にしていきたいものですね。「難がない無難な人生を選ぶよりも、難が有る人生の方が有り難い人生だ。」このような言葉が青学のグランドの毎朝みんなが駆け込むトイレの和式の方に書いてあります。個人的に気に入っている言葉です。喜怒哀楽のある1年にしたいですね。 最近では、恋愛テクニックを学びました。以前からE-girlsのファンであり、ある時、曲を家の中で流していると次第にテンションが上がり、大音量のウーハー付きで流していると、「ドン。」と隣の部屋から女性の憧れである「壁ドン」をいただきました。あっ!これが女性を落とす上級者のテクニックなのかととても勉強になったもうすぐで21歳卒業の春でした…。 そんな話はさておき、もうすぐ大学最後のリーグ戦が始まります。今年こそはと、いつも言っているような気がします。ほんとに口だけになっているのが現状です。もう絶対に悔しい思いはしたくない。大学のためにも、スタッフ、後輩のためにも、いつもそばで支えてくれているマネージャーのためにも、恩返しの意味を込めて1試合1試合を全身全霊で挑みます。怪我人が多く出ていますが、チーム全員で総力で勝ちをもぎ取ります。 ご期待ください!!

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ

第88回 恵龍太郎

こんにちわ!兵庫県滝川第二高校出身の経営学部経営学科の者です! 2011年僕が青学サッカー部に入部する前、青学は関東1部リーグで戦っていました。高校3年の11月頃に高校選手権の県予選を戦っていると同時に頼むから1部に残ってくれと青学の結果を気にしていたのを覚えています。しかし残念ながら青学は2部降格という結果に終わってしまいました。関東2部の青学サッカー部への入部となりました。でも当時青学は1部にいたし、良い選手が揃うチームだし1年ですぐ1部に上がるだろうと本気で思っていました。しかし1年目は2部でなんと10位。危うく県リーグへ降格してしまうのではないかという結果。まぁ2年目こそは。そう思った翌年5位。次の年はいけるだろ。その翌年5位。2015年大学生活最後の年。青学サッカー部はまだ2部にいます。青学は1部にいなければいけません。今年でこの中途半端の位置を行き来している状況にピリオドをつけたいです。そして今年、全国の大学の中で一番最後まで戦えるチームになれるようにチーム全体で頑張っていきます!!

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ

第87回 平野泰幹

時が経つのは本当に早いものですね。あっという間です。 ついこの前、坊主にしたと思ったら、もう最上級学年です。 ちなみにその坊主にした時は1年生の時で、理由はこのサムス君に聞いてください。 よく小・中・高・大と学年が上がるにつれて、より早く時間が経つと言いますけど、僕はそれを実感しているとこです。 そんな僕は先日、鈴木雄也くんの誕生日を祝いました。牛角での焼肉です。 こんな感じです! 最後の1年なので、悔いを残さずにLAST FUCHINOBE LIFEとサッカーを全て100%で楽しみたい思います^^!!!!!! では! 西武台高校出身の平野泰幹でした!

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ

第86回 石原良将

こんにちは!経営学科3年石原良将です!まずは簡単な自己紹介から。愛すべき熊本県に生まれ、中学を卒業するまで田んぼと畑と山と酒と泪と男と女に囲まれて育ち、高校生になるタイミングで上京したついでにFC東京のユースに入団しました。都立砂川高校で最高の高校生活を送り青春を謳歌しました。そして大学に入り2度の手術を経験しました。1度目は椎間板ヘルニアで1年生の10月に、そして2度目は前十字靭帯損傷で2年生の1月に。これまで大きな怪我で離脱することなくサッカーを続けてきた僕にとっては大きな試練でした。ただ、僕にはサッカーをする身体があります。サッカーをする機会と環境があります。こんなにも恵まれているのに、たかが手術を2回した程度で辛いと嘆いていた過去の自分をボコボコにしてやりたい。そう思っています。最高の環境に感謝し、その感謝の気持ちを結果に転換します。共に戦い、共に喜びましょう!

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ

第85回 大越 洋太朗

おはようございます。 こんにちは。 こんばんは。 どうも、国際政治経済学部新2年の大越 洋太朗です。 突然ですが、僕が最近意識していることを紹介します!それは、”ピッチでは上手くなることだけを考える”そして、学校では勉強、合コンでは女の子のことを。うそです。合コンいったことありません。言葉にすると簡単のように思えます。しかし、人には妬心や気持ちの浮き沈みがあります。ただ、ここを変えていければ、必ず成長に繋がると思います。 さて、現在チームは関東2部優勝総理大臣杯優勝に向けて遠征中です。それぞれ課題をもって日々を過ごしています。 どうぞ青山学院体育会のサッカー部の応援をよろしくお願いします。

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ

第84回 矢部翔太朗

Hello everyone nice to meet you ! my name’s ShotaroYabe. あ、すいません。つい英語が出てしまいました。 僕は昔アメリカに住んでいたことがあるのですが、そのおかげで僕の部活動は先輩方の英会話レッスンから始まります。 紹介が遅れました。どうもはじめまして。桐蔭学園出身法学部1年の矢部翔太朗です。 僕は小田急線沿いにある新百合ヶ丘という所に住んでいます。新百合ヶ丘は、巷で噂の「小田急線住みたい街ランキング」の上位に食い込む素晴らしい場所です。青山キャンパスの最寄り駅である表参道駅まで30分、淵野辺駅までも30分、我が家は青学サッカー部にとって神の立地条件なのです!!なのでサッカーをさせていただき、新百合ヶ丘に家をかまえてもらい、ご飯を作ってもらい両親にはいつも感謝しています。他にももちろん兄弟、サッカーを通して出会った人達全員に感謝の気持ちを持って日々サッカーに向き合っています! もうすでに一年が過ぎ去ってしまいましたが、この青山学院サッカー部で過ごす四年間を1日も無駄にせず、日々精進していきたいです! それでは、今年も青山学院大学体育会サッカー部の応援よろしくお願いいたします!二部優勝!総理大臣杯優勝!皆で勝ち取りましょう!

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ

第83回 小林沢家

今お帰りのあなた お疲れ様です。 今からお出掛けのあなた いってらっしゃい。 こんばんわ。清水東高校出身の小林沢家です。 早いもので青山学院大学に入学してから約1年が経とうとしています。ということはそうです。春になりますね。 私事ではございますが私の妹弟がそれぞれ卒業を迎えます。兄として感動の気持ちでいっぱいです。 春は出会いと別れの季節と言いますがその通りだと思います。 とてもおもしろくて優しくて素晴らしかった4年生が引退してしまい非常に寂しく思います。 しかし新1年生が既に練習参加をしていてとても頼もしく思います。 新チームが発足してから2ヶ月が経ちチーム内の競争も激化してきて厳しくも充実した日々を過ごしています。 今年こそは2部優勝、総理大臣杯優勝を必ずしたいと思います。皆さまご声援よろしくお願いいたします。 稚拙な文章でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました。またお会いしましょう。さようなら~

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ

第82回 浅田裕子

みなさん、こんにちは!  国際政治経済学部・国際経済学科所属の1年マネージャー、浅田裕子です! なんとなーくサッカー部のマネージャーをしてみようかなーと思って、入部してから10か月。いまだに私の主な仕事は、先輩たちに甘えることです。もうすぐ2年生なのだから、そろそろ独り立ちしなくてはいけません。とは言いつつも、ついつい4人の姉貴たちに頼ってしまいます。今日はそんな4人のマネージャーの先輩たちを紹介します。 2年生・勝山瑠莉香さん るりかさんは替え歌を歌います。お願いすれば、歌ってくれると思います。るりかさんの最初の印象は、わーお、美人!です。これ本当です。嘘じゃないです。おまけに優しかったから、なんて可愛くて優しくて素晴らしい先輩なんだろう!と思いました。ところが私の入部1か月が経つと、裕子うざい。とか言いはじめました。裕子うるさい。とも言いはじめました。今も優しいことには変わりありませんが、第一印象とはだいぶ違います。明るくて面白くて目がぱっちりで可愛くてみんなの人気者です。それがるりかさんです。 2年生・新井優日さん ゆうかさんは手先が器用です。テーピングの技術には本当に憧れます。新井器用に改名すればいいと思います。ゆうかさんはいつも私に、もっと女の子になりなさいと言います。部活の練習や試合に家からジャージで行く私を、ありえないと言います。いつもすっぴんの私を、ありえないと言います。私とは違いゆうかさんは髪のセットも、お化粧も、ファッションも完璧な状態でしか現れません。いつどこで誰に会うかわからないから、常に万全の状態でいなければいけないらしいです。その通りだと思います。でも疲れちゃうので私には無理です。 3年生・村岡あかねさん 大阪出身のあかねさんはいつも大阪弁です。本当は標準語を話せると思います。でもわざと大阪弁を使っているんだと思います。女の子の方言に弱い男たちは、あかねさんの大阪弁にメロメロです。ずるい人です。あかねさんの髪の毛はとってもサラサラです。それがずっと前から気になっていました。その謎がこの間の御殿場合宿で明かされました。なんとあかねさん、シャンプーとトリートメントを2回ずつしているのです。普通ならそんな面倒なことできません。そもそもあかねさんはお風呂に2時間入ります。私なら完全にゆで上がります。サラサラヘアーが羨ましいです。でも真似はできません。 3年生・森重萌依さん もげさんとみんな呼びます。顔がとっても小さいです。異常に小さいです。普段はとてもおとなしい人です。でもたまに、もげワールドに勝手に入ることがあります。すると、私たちには全く通じない意味のわからない言葉を言い出します。とても面白くなります。もげさんの最大の特徴は、滑舌が悪いことです。聞き返さないと会話が成立しません。滑舌が悪いのに、部員からの信頼がとても厚いです。ぼんやりしてそうに見えて、部活のことになると熱く語りだします。顔と頭は小さいけど頭の中ではサッカー部のことでいっぱいです。おそらく、脳みその密度がものすごく濃いです。 以上、先輩の紹介でした。

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ