Monthly Archives: 2月 2011

第6回 関隼平

  皆さんこんにちわ、新4年の関隼平です! 夢はサッカー選手になり、吉川ひなのかモデルの荒木さやかと結婚する事です(^O^)/よく後輩の山崎文人にスカしてると言われますそう言う山崎君が1番スカしていると思うのは私だけでしょうか。笑。ただ、山崎君はオーラがある事は認めます! 話は変わり、今年のスローガンである【心動】を発案したのは私です。私自身、常に自分の行動や言動で周りの人々の心を動かす事の出来る様な存在になりたいと思っており、サッカーにおいて青学サッカー部という1つの集団として実現出来たらどんなに素晴らしい事かと思い、発案させていただきました。見ている人々が楽しいと思ってくれたり、笑顔になってくれるという事は、プレーしている私たちも当然気持ち良くプレー出来ている事になります。もちろん、周りの人々に感動を与えるには厳しい練習、人一倍の努力が必要になります。宮さんをはじめ福さん、たけさん、とむさんらの指導の下、トップ、サテライトを問わず日々の練習を大切にしこれからも頑張っていきたいと思ってます。 今はリハビリを共に頑張っていた魚王子こと、西田なおと君と餃子の王将でご飯を食べています西田君にはゲイ疑惑が浮上しているのできをつけていきたいと思います。

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ

第5回 阿部悠紀

こんばんは。新4年の阿部悠紀です。 本日は『青学サッカーF+1 緑が丘クリーンウォーク』と題して、部員、スタッフ一同で、ホームグラウンドである緑が丘周辺の清掃活動を行いました。 これがその時の様子です。みんな楽しそうにゴミを拾っています。 『Football+1』という取り組みには、日常で忘れてしまいがちな、他者への感謝を再認識するという効果があります。 自分達が現在、恵まれた環境でサッカーをやらせてもらっているのは、支えてくれている人達の多大なサポートがあるからです。それは決して当たり前のことではなく、感謝すべきことです。 また、そのことに感謝できたなら、その恩に応えるためにも、必然的に努力をするようになると思います。なぜならば、サッカーに対して真摯に取り組む責任が生じるからです。 集まったゴミの量を見た時に、これだけの集団が目標達成のために力を合わせた時のパワーの大きさに気付かされました。たとえ一人一人の力は小さくても、それを合わせることで大きな力になるということを改めて感じました。これこそがチームスポーツの魅力であると思います。 今年の青学サッカー部は、一人一人がチームのために与えられた役割を果たせるチームを目指していきます。 本日は緑が丘周辺の清掃活動という『Football+1』でしたが、今後も、あらゆる場面で日々の感謝の気持ちを表現していきたいと考えています。

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ

おはこんばんちわ!若狹友佑です

どうもみなさん、おはこんばんちわ。今日はバレンタインデーですが、私は無縁なのでブログを書こうと思います。 千葉県在住の松戸男児こと若狹友佑です。生きるとは行動することをモットーで、最近のハマりは龍馬伝、アメトーク、ロンドンハーツの録画を見ることです。 その中でも、龍馬伝に関して言えば素晴らしいとしか言えませんね。あの幕末の時代で明治維新がなかったら、まだちょんまげだったかもしれないと思うとなんか不思議なもんです。是非みなさんに見ていただきたいなと思う作品です。 それでもまだ見たいと思わない人に、ちっくと感想をいうとあの江戸幕府や藩に縛られた時代なのに坂本龍馬は私たちと同じ現代人のような自由な発想を持っているのです。現代でさえ、なにかに縛られると縛りの中での自由な発想になりがちだが、その縛りにとらわれず、天才的なインスピレーションを持つ龍馬は本当にすごいんですよ!!どうか見てつかーさい。よろしくお願いします。 完全に自己満足なブログですが、お優しい眼で温かく見守っていただければよろしいかと思います。 では本題に入ります。昨日はYSCCと試合がありました。 自己評価をすると、完敗です。自分のプレーができなった。相手の技術の高さ、組織力素晴らしいものです。しかし、これによって自分が成すべき事が見えてきましたが、でもブログで言うのは恥ずかしいので、それは後々語るので今は伏せておきます。 と話を切り替えて、今年は関東一部リーグということで私はすごく楽しみな年でもあります。また厳しい年でもあります。自分の持てる力を出し切ってチームに少しでも力になるように精進していきたいです。 では最後に、龍馬伝を見てください。龍馬伝を見た方はコメントを頂きたいです。それにより、私の龍馬伝への熱い想いが報われるのでどうか善意な心でコメントをお願いします。 これで自由気ままな若狹友佑のブログを終ります。

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ

第3回 木下智之

皆様、おはようございます、こんにちは、又はこんばんは。 新四年の木下 智之です。 常に相手の脅威になる…そんな選手になりたいと日々考えているMFであります。 ブログに関しては日課として就寝前、欠かさず優木まおみちゃんのゆうゆうライフに限り、一日の締めくくりとして拝見させていただいてる程度の未熟者の僕ですが、今回ブロガーとしての自分の色を精一杯打ち出していく次第でございますので、なにとぞ。 本日はパンフレット用のお写真を撮影いたしました。 そして撮影後、練習試合が行われました。 vs関東学院大学 今年初の練習試合ということで生粋のストライカー井出選手も気合が入っています。 こちら 今日も見事な足さばきでDFを翻弄していましたね☆ 雪も降ったということで、肉体的にも精神的にも厳しい戦いではありましたが見事、勝利を飾ることができました。 明日、明後日と試合が続きます、 そんな中いた仕方ないことなのですが怪我人が続出しております。トレーナーの斎藤さんもあまりの多さにテンヤワンヤしております。 僕自身、“左足脹脛軽度肉離損傷”を抱えており、余談を許さない状況です。ここで重要になってくるのはケアーの部分であります。余暇の過ごし方すなわちOFF THE PITCHでの行いが、我々の生ける道、そう。つまりON THE PITCHでの活躍に多大な影響を及ぼすことは、ご存知のとおりです。 よって我々がこのあと、しっかりとお風呂に入ってお湯に浸かり、栄養、休養を充分にとることは必至なのです。 トレーニングとケアーのサイクルを一生懸命行うことによって日に日に青学サッカー部は個人さらにはチーム全体としてレベルupしていくことでしょう。 それでは。 PS この雪、明日試合あるかな?笑

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ

第2回 奈良林賢治

失礼します!岡山県という大都会から、ちょっぴり都会の東京へやってきた 新4年の奈良林 賢治と申します。 最近は、気温の変化が激しくなっております。みなさん、体調を崩さないように気をつけてください。 私たちは2月に入り、本格的に練習がスタートしました。 この時期は身体作りを基本とした練習が多く、個々のレベルアップはもちろん、チーム全体がこのシーズンを最期まで走り抜くために必要な練習となっています。 そのためどうしても厳しい練習になってしまうのですが、チーム全体の雰囲気が非常に良く、前向きな声を出し合い共に切磋琢磨する姿は、練習をしていてとても良いチームだなと感じています。しかし、まだまだ始まったばかりなので、この雰囲気を維持できるよう、新4年を筆頭に盛り上げていこうと思います。 そんな私たちは明日から、金・土・日と緑ヶ丘グランドで練習試合を行います。本格的に練習が始動して初めての練習試合です。みんなわくわくしていることだと思います! 全勝できるように全力をつくします。 最後に、色々な思いでサッカー部に入部してきたみんなが、今は「心動」というチームスローガンの下、一丸となろうとしています。関東リーグの1部リーグで、いかに戦い、勝ち抜いていくには何が必要かを、個人個人で考え練習に励んでいます。 そんな私たちを温かく見守ってやってください。 今後とも応援よろしくお願いします!

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ

2011年第1回 山田一歩

新4年の山田一歩(かずほ)です。 副キャプテンを務めさせていただくことになりました。 今年は「心動」というチームスローガンのもと、見に来ていただいた方の心を動かすことのできるチームを目指し頑張っていきます! 応援よろしくお願いします。  今の時期チームは2部練習を中心とした基礎体力作りに励んでいます。1年間のほとんどは、トップチームとサテライトチームに分かれて活動しています。全員で同じ場所、同じ時間、同じメニューで練習できるのはこの2月の数週間しかありません。しかしこの全員でできる貴重な時間の中でいかに一体感のある練習にできるかが、今年1年最高のチームになれるか否かを大きく分けると考え練習に取り組んでいます。厳しい走りのなかみんな前向きな声を出して頑張っています! そんな体も疲れた練習後に楽しく真剣に自主トレをしている選手がいました。 新3年の山崎文人です。やまざきではなくやまさきです。練習着のネーム刺繍がYAMAZAKIになっていて真剣に怒ってました。 彼はいつも本気です。この写真はサッカーをしている人なら誰もが観て読んで育った、「キャプテン翼」の得意技オーバーヘッドの練習をしている時のものです。彼は厳しい練習後に自主トレとして行っていました。小学生がたまに遊び半分でやる練習を大学生の彼は本気でやっていました。彼はいつも本気なんです。 春から始まる関東1部リーグで決めてくれることでしょう。 ではこの辺で失礼します。 注 山崎はヴェルディユース出身の誰もが認めるテクニシャンです。

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ