作成者別アーカイブ: admin

第322回 柄谷 駿

「強いチーム?」 こんにちは、地球社会共生学部4年の柄谷駿です。写真に乗っているのは私の住んでいる辻堂にあるプルクワというお店のチョコクロワッサンです。焼き上げられた生地はバリバリで、香ばしいナッツ入りのチョコが最高においしいです。 突然ですが、強いチームってどんなチームでしょうか。恐らく強いチームの要素はたくさんあって書ききれないのであまり細かいことは書きません。 先日、陸上部の原監督の授業を受けました。明治大学ラグビー部の話を例にあげながら、強いチームを考え、話し合いました。そこで出てきた要素は、「なんでも言い合える関係」や「目的を意識する」や「規則正しい生活」などでした。明治大学ラグビー部では、まずチームの意識として日本一を目指すこと統一させたそうです。個々人が試合にでるということに満足するのではなくチームを意識しました。またコミュニケーションの少なさを課題とし、監督と選手たちが日々メールでやりとりすることで交流を促し、規則正しい生活を送るために小さな日々の掃除や睡眠などの目標をたて、アプリを導入し実践できるようにしました。 私が青学サッカー部に入部する前の大学の部活動のイメージは、部員個々がそれぞれ工夫して話し合いチームを改善していくような組織でした。実際には少し違って、しっかりと監督やコーチが率いていて、選手たちがついていくというような印象です。私の勝手な印象ですが部員の多くはただサッカーをやっているだけのような気がします。私もその1人になっています。元気でパワフルでサッカーも大好きな人がたくさんいるのに少しもったいないような気がします。SNSとかで早慶戦の情報を見かけたりすると、いいなーと思ったりします。 ゼミでほんの少しだけ「贈与論」に触れました。これはざっくりと、人は言葉やモノを通して家族や友人という人間関係を意識しているということです。間違いならごめんなさい。毎回意味なく私をしつこくいじってくる人たちがいます。一見意味がなくともそうして仲間であること確認し合っているのだと察します。笑このように言葉やモノを介した関わり方次第で関係が変化します。相手を想いやり、関わることでいい関係が作られるのだと思います。 直近の試合で私はさっそくコミュニケーションを指摘されました。サッカーの技術やテクニックを学ぶのはもちろんですが、試合中やそれ以外のところでも相手の立場に立って関われるように意識したいです。要するに言いたいことは、周りの人のことを思いやりながらなんでも言い合える関係になって日々の課題に向き合い改善していくことが自分たちとって必要なのではないかと思います。あんまり長く書くとうざったいと思われると不安になりながら結局長くなってしまいました。すいません。また貢献できてない私が偉そうに書いて申し訳ない。良くしていく気持ちだけはあります! これから入部していく人へ現状結果が出ていないチームで、私のような部活動のイメージを持っている人は少し残念かもしれません。しかし少しずついい方向へ動いていると思います。しっかり話を聞いてくれる監督や仲間がいます。自分たちで課題に向き合える面もあるからこそ大学の部活動は楽しいのだと思います。楽しんでください!

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ

第321回 北原 慶太

ゴールキーパーというポジション こんにちは。 桐蔭学園高校出身、経済学部4年、 ゴールキーパーの北原慶太です。 僕が最後に部員ブログを書いたのは1年生の時のことで、その時は自分の大学サッカーに対する想いについて書いた記憶があります。なのでここでは敢えて、僕が小学4年生の時からやっている、ゴールキーパーというポジションについて書こうと思います。よろしければお付き合いください。 「ゴールキーパーについて?そんなの知ってるよ。」という答えが返ってきそうですね。皆さんの考える、ゴールキーパー。どんなポジションで、どんなことをしているのかなどを考えてくれたと思うのですが、たぶん正解です。 ただ、僕がここで綴りたいのは、もう少し深い部分、ゴールキーパーをやっているからこそ感じているような部分なのです。 ゴールキーパーをやっていると、理不尽に感じることが多々あります。まず、どんな形であれ失点したらとりあえずGKの責任になります。また、ミスが失点に直結するポジションなので、絶対にミスできません。そして仮に自分がミスをして失点をしようものなら、バッシングの嵐です。時にどうしようもない状況のときもあります。それでもゴールを守らなければならないし、次の手を考えて最善を尽くします。それでも点を取られたら「あーあやられちゃったよ。止めてよね。」みたいな目で見られたりします。それまでの各局面の少しのズレやミスが重なって最終的にシュートを打たれたりしているのに「止められたろ」と一言。そしてヘコんでる時間などありません。どんなに悔しくても悲しくても怒ってても、内心立ち直れていなくても必ず切り替えてチームを最後尾から支えなくてはなりません。ゴールキーパーとは、ミスをしないことが当たり前で、ミスをすればもちろん名実ともにボッコボコ、ミスをしなくても上記のような見られ方をし、それでいて頭は常に冷静でアラートでなくてはならない、そんなポジションなのです。少なくとも僕はそう考えています。 かつてのバルセロナの守護神、ビクトール・バルデスが「生まれ変わったらGKには絶対にならない。苦痛が大き過ぎて報われない」と言ったこともあるくらいです。また、皆さんご存知ドイツの守護神マヌエル・ノイアー。彼がドイツ代表で世代交代をした世代(つまり一つ前の世代)のGKにロベルト・エンケという選手がいました。ここでは深くは書きませんが、彼は、それほどの実力者であったにもかかわらず、2009年に自ら命を絶ってしまいました。 少し暗い文章になってしまいましたが、このように自分の考えを発信する機会はなかなかありませんし、少しでも皆さんにGKの特殊性について知ってもらいたかったので、このような文章にさせていただきました。 ここで勘違いのないように言わせていただくと、僕はこのポジションが大好きであるということです。 まず、ここまで読んでもらったらお分かりの通り、並大抵の実力・メンタルではやってられないポジションです。「守護神」という言葉がいかに素晴らしい選手達のことを指す言葉であるか、ということを感じていただけたと思います。僕の実力やメンタルは相変わらずまだまだなのですが、とにかくこのポジションのやりがいは半端ないです。 ここで余談なのですが、「GKって、変な奴(変わり者)が多いよね」ということを言われることがあるのですが、これまで書いてきたことを踏まえると、そのような傾向があっても不思議じゃないな、と少し納得できるような気がします。変な奴じゃないと務まらないのではないでしょうか。 話を戻すと、「シュートを打たせない・打たれないGKが優秀なGKである」という言葉があるのですが、やはりシュートを止めるのはめっちゃ楽しいです。特に、絶望的と思われた状況をセーブした時のあのヒーロー感はGKでしか味わえないと思います。チームの最後の砦ですから。 上記のような難しい一面もありますが、総じてGKは素晴らしいポジションですし、自分のプレーや言動でGKの魅力をもっと伝え、世の中のGKに対する見方も変えていきたいと考えています。 それが僕の目指す「心動」です! この文章を通して皆さんのGKに対する理解が少しでも深まってくれたらいいな、という願いを込めてこの部員ブログを書かせていただきました。今後サッカーを観る際は、ぜひGKにも注目していただきたいです。書きたいことはまだまだありますが、長すぎると怒られそうなので今回はこれくらいにしておこうと思います。でも最初で最後だったりして。 最後に、僕自身、青学サッカー部に所属していられる時間は残りわずかとなりましたが、観る人を心動させられる選手になれるよう、残りの時間をを大切にしていきます。 長く拙い文章になってしまいましたが、お付き合いいただきありがとうございました。引き続き、青学サッカー部の応援をよろしくお願いします!

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ

第320回 若山 直樹

当たり前のこと。 こんにちは。 総合文化政策学部4年若山直樹です。 出身校は青山学院高等部なので、俗に言う内部生です。 私は小学校1年生の頃からサッカーを続けていますが、目立った功績は残せておらず、おそらくサッカーにおいて私の名前を知っている人はまずいないでしょう。 ましてや私の高校サッカーは、インターハイ、選手権の2大会連続で地区予選1回戦敗退という最悪の形で幕を閉じました。よっていわゆるほぼ全国最弱のチームとして引退を迎えました。 これほどの結果だと、サッカーをやめるという選択肢をとるのが普通かもしれませんが、燃え尽きられなかったどころか、火もつかなかったような状況を非常に悔しく思い、大学でもサッカーを続けることを決断しました。 そんな私がこの体育会サッカー部に入部して感じたことは、様々な場面において「当たり前のレベルが高い」ということです。 まず1つ目はプレーの部分ついてです。 特にボールを止めて蹴る技術の質がものすごく高いと感じました。これはサッカーにおいて基本中の基本ではありますが、高校の中でも決して技術的に優れている選手ではなかった私にとって、こうした基礎的な部分での差は大きく、高校時代はなんとかなってしまっていた部分も誤魔化しがきかなくなりました。練習についていけるレベルになるまで質を上げ、順応しなくてはならないと強く感じました。 そして2つ目は意識の部分です。 高校時代は正直やらされている感があった筋トレや食事等の健康管理ですが、周りには自主的に徹底して行なっている部員が多く、私も見習わなくてはならないと感じます。 このように、私はこれまでの自分の当たり前の基準を見つめ直すのに良い刺激をたくさんもらいました。 その他にも、高校のサッカー部を引退した時、大学でもサッカーを続ける決断をしなければ気付けなかった多くのことに気付くことができましたし、多くの尊敬する仲間に出会うことができました。 引退まで残すところ数ヶ月ですが、尊敬できる仲間と共に最後まで駆け抜けたいと思います。 最後まで読んでいただきありがとうございました。これからも青学サッカー部の応援をよろしくお願い致します。

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ

第319回 加藤 玲児

3000日 経営学部経営学科3年の加藤玲児です。つい先日、21歳になり、周りでは就職のためにインターン活動を始めている人を見て、もう学生生活もあと1年しかないのかと日々感じる機会が増えてきています。今回、部員ブログを書くことになったこの機会に自分のサッカー人生を思い返してみました。「約3000日」これは自分がこれまでにサッカーに費やしてきた日数です。いろんな事をやってもにすぐ飽きやすい自分がこんなにも多くの時間をかけてきたのがサッカーだっだのだということに気づきました。振り返ってみれば、小学生からサッカーを始めて、大きな怪我なんて一度もせずにサッカーを続けてこれたことはほんとに当たり前じゃないんだということを感じます。自分のことを支えてくれる人がいなければ続けてこれなかった。自分を支えてくれた親や指導者やこれまで一緒にサッカーをしてきたチームメイト、そんな人たちに少しでも恩返ししたい。でも恩返しといってもこれまで何か輝かしい成績を残したわけではない。高校時代だってトップチームでは結果を出せずBチームどまりだし、大学でも今のところ同じ感じです。もし自分がこれまでの自分に満足していたり、もうダメだと諦めているとしたら今のようにサッカーを続けているかわかりません。おそらく自分で満足していないから、もっとできるはずと思っているからやっているのだと思います。だったら絶対に後悔しないくらい本気でやろうと、毎日を無駄にしないようにしようと、そう思います。普段からそこまで真面目なタイプではないし、サッカーのことはあまり表に出さないタイプですが素直に思っていることを書きました。自分でもなにかうまくいかない時にはこの文章を読み直したいと思います。まずは目の前のアイリーグなどでゴールを決めてひとつひとつ頑張っていきたいたいと思います。そして自分を支えてくれる人に少しでも恩返ししていきたいです。

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ

第318回 小泉 洸

早いものでもう6月になってしまいます。暦の上では立夏となり、心なしか日差しも明るさを増してきましたね。みなさん、こんにちは、こんばんは。経済学部経済学科2年の小泉 洸です。洸と書いてひかると読みます。この名前はきっと親が将来光ってほしいという願いを込めて名付けたのだと思います。とても好きな名前です。ですが、このブログを書いていてふと思いました。「私は何かで光り輝けたことがあるだろうか。」サッカーも、勉強も今まで中途半端にできました。自分の育った地域のなかではこれで通用しましたし、むしろ威張れました。しかし、高校からは周りのレベルが高くなり、生態ピラミッドに例えるとシマウマくらいになってしまいました。顔も少しウマっぽいと言われたことはあります。部活では試合にも出れず、第一志望の大学にも落ちました。私ってダメダメだ、そう思ってしまいますよね。 青学サッカー部で私の周りには日本一を獲ったことがある人も選抜に選ばれたことがある人も多くいます。本当にすごいことだし、羨ましいなとも思います。私ももっと活躍したいとも感じます。そんな時、高校時代の先生が言っていたある言葉を思い出すとやる気がでるのです。 「難があって有難い、難がない人生は無難な人生」 たぶんこれはその先生の言葉ではないと思いますが、その先生が仰られたので心に響きました。この言葉が私を奮い立たせてくれますし、やるべきことを再確認させてくれるのです。なんとか大学四年間で一花咲かせたい、結果を出したい、それが今思うことです。その目標を共に成し遂げるための仲間も、素晴らしい環境も、ずっと応援してくれる家族も全て揃っています。あとは自分次第ですね。もちろんサッカーを楽しむことは忘れずに目標に向かってkeep on goingしていきたいです。 先程の言葉のように、個人としても、チームとしても今抱えている難に「ありがとう」と言って前向きに過ごせたら物事はいい方向に進むのではないでしょうか。そして私自身もサッカー、勉学、そしてプライベートにおいても自分の名前に負けないくらい洸って(ひかって)まぶしいくらいに楽しみたいです。

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ

第317回 松尾 拓哉

こんにちは。法学部3年の松尾拓哉です。 青学に入り、今までを振り返ると充実し、成長した時間であったと感じています。その中でも昨年の夏に経験した怪我は今までの生き方、考え方を大きく変えるきっかけとなる出来事でした。ここでは、その中で感じたことを2つ書きたいと思います。 昨年、練習中に足首の骨を折りグラウンドに行けない期間がありました。夏休みということもあり、何もやることがなかったので何か一つ勉強をしようと思いました。何を勉強したかはここでは触れませんが、自分には無理だろうと逃げてきたものに対し向き合いました。そして目標を設定し達成することができ、大きな達成感を感じることができました。この経験から、行動する前にできない言い訳を探していた自分に気がつきました。何事も無理だと感じることに対し逃げるのではなく、一度向き合ってみようと思います。 もう一つはサッカーに対する思いの変化です。怪我をした時、復帰できるまでの時間を計算していたところ、自由にサッカーを出来る時間があと僅かしかないことを実感しました。そして、その限られた時間で怪我などしていられないしレベルの高いところでより多くの試合に出場したいと強く感じました。そのために必要なのはサッカーと向き合うことです。怪我をしないための筋トレ、ストレッチ、食事、睡眠。日々の練習以外の時間で出来ることはたくさんあります。今まで向き合ってこなかったこれらのことと向き合い、残りの時間を大切に過ごしていきたいと思います。

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ

第316回 村井 翔

合点を行かせる こんにちは。今回ブログを担当させていただくことになった法学部2年の村井翔です。 部員ブログがいつ回ってくるかゾクゾクしながら待っていて、そのためにネタも用意しておこうと思っていたのですが、いいネタも見つからずに自分の回を迎えていまいました。そして、何について書こうか迷っていたのですが、このブログを書いている日が復帰して2週間が終わった週でタイムリーなので、怪我からようやく復帰できた今の心境とサッカーに対する自分の姿勢について書きたいと思います。いつもは女の子の話しかしてないですが、たまにはサッカーの話をします。稚拙な文章ですが最後までお付き合いください。 僕はまだ青学に入ってから3ヶ月くらいしかサッカーをしていません。1年間の浪人期間を経て去年青学に入学し、大学サッカーのレベルがとても高いのは承知の上でサッカー部に入りました。高校も暁星学園という青学サッカー部の部員の皆さんからしたらほとんどの人が聞いたことのない無名な高校で、何の実績もありません。しかし、それでもサッカーが好きで本気でやりたいという一心で入部したのですが、入部してすぐに内転筋肉離れで2ヶ月、そのあと復帰して1ヶ月後に足首の剥離骨折で2ヶ月、そしてまた1ヶ月後に前十字靭帯断裂で8ヶ月という悲惨な一年間を過ごしました。しかし、リハビリ中は復帰という目標に向かってひたむきにやれることを行いました。リハビリは順調で、1月末に正座をしなきゃいけない機会があったのですが、それも今では出来るようになりました。今思えばリハビリ期間はやらなきゃいけない課題が少なかったので、焦りと辛さは常にありましたが、悩み事はそんなになっかったので頑張れてたのだと思います。そんなリハビリを経て2週間前に復帰したのですが、復帰したや否や、自分の体が思い通りに動いているのかさえ自分でわからない変な感覚で、思ったことやできていたことが全くできなくなっていました。実質2年間サッカーをしていないと正直自分がどんな体だったかもわかりません。リハビリ中に描いていた自分とのギャプが大きすぎてショックと自己嫌悪に陥り、あんなに待ちわびていたサッカーをようやくできているのに全くサッカーを楽しめませんでした。 「理想の大道を行き尽くして、途上にたおるる刹那に、わが過去を一瞥のうちに縮め得て始めて合点が行くのである」 この文章は夏目漱石の『こころ』に出てくる一節で、高校の頃の顧問の先生が紹介してくれた文章です。この文章は僕なりに解釈してみると、理想大道とは目標や夢を示し、行き尽くすはそれに対して真摯に向き合い、最善を尽くすことを示していると思います。つまり、「目標や夢に対してその時の最善を尽くしていれば、それが叶わなかったとしても、その瞬間に自分の行なってきたことに誇りを持てて納得できる」という意味だと勝手に思っています。 そして、この2週間を内省してみると、自己嫌悪や思い通りにいかない苛立ちで、体が動かないのを言い訳にして目の前にあるやれることを全く全力でやってこなかった気がします。このままだと理想の大道も行き尽くしていないし、途上に倒れたとしても過去を振り返って合点が行く気がしません。それどころか、後悔しか残らない気がします。 なので、これからは自分なりに出来ることは全て行い、全てが終わった時に合点が行くような行動をしたいと思います。そして、その過程でいい結果がついてきたらいいなと思います。 長くなってしまいましたが、最後までお付き合いくださりありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いします。ありがとうございました。

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ

第315回 上村 晨太郎

ESより真面目に書きました。 6月1日、令和になって1ヶ月が経ちましたね。時の流れは恐ろしく早いものですね。通信速度制限が解除された方、おめでとうございます。皆さん、何かの気晴らしに読んでください。 さて、四年生という今の時期は将来について色々と選択する時期、選択される時期だと思います。そんな中で、あそこの大学だったらなぁとか、あそこに入りたかったなぁとか色々と感じる時が皆さんにはあると思います。自分がどんな境遇に置かれていても、人を羨ましいと思ってしまう時はあるものですよね。(僕自身は全然ないんですけど)でも、今の環境だからこそ、また、その環境で出会えた人たちがいたからこそ、今の自分ができて、今の感情が生まれるものだと思っています。「かけがえのない」とは、こういうことを言うのでしょう。大学に入ってからは、ずっとかけがえのない時間を過ごせているなと感じます。だから、僕は人を羨ましいと感じないんだと思います。このような大学生活を生涯忘れることはないでしょう。みながみな大学生活を宝物だとは思わないとしても、絶対に財産になると思います。 ふと、思い出してみれば、入部初日に、初対面でO坂K太郎に「お前誰だよ」と言われたこと、朝走りの集合が7時で「え、始発ないじゃん」と冷や汗をかいたことは昨日のことの様に覚えています。エピソードを全部出すと、ハリーポッターより文字数が多くなってしまうのでやめときますが、総じて最高の2文字です。こういった環境で過ごせて、人に物凄く恵まれていると感じおります。 部活の皆様だけではなく、大学の友達、他大の友達、地元の奴ら、どっかで会った人などなど、皆様に本当に感謝しています。 これからも皆様と、かけがえのない時間を過ごせていければなと思います。 以上!生まれ変わったら小栗旬になりたい、上村でした!

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ

第314回 上田 健斗

こんにちは! 総合文化政策学部3年の上田健斗です。 あっという間に大学での生活も折り返し、気付けば人生の3分の1をサッカーに費やしていました。当然それだけの時間をサッカーに注ぐと今自分の周りにいる人のほとんどが直接関係はなくとも間接的にはサッカーを通して出会った人達です。 もちろん、サッカーをしていなければしていなかったでまた別の交友関係ができていたと思いますが、やっぱりサッカーを通して出会ったみんなと一緒にいるのが絶対に一番楽しいと言い切る自信があります。 少し前置きが長くなってしまいましたが、結局何が言いたいのかというと、こうしてあちいみんなと繋がりを作ってくれたサッカーってめちゃくちゃ最高ってことです!!本当サッカーって素晴らしいです!!! 最後にそんな大好きなサッカーをするにあたり指導してくれるスタッフ、一緒にプレーしてくれるチームメイト、サポートしてくれるマネージャー、応援してくれる方々、やらせてくれた両親、そしてサッカーができることに感謝します!! 拙い文章でありましたが最後まで読んでくれた方がいたら嬉しいです… ありがとうございました!

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ

第313回 杉山 豪希

物事の考え方 こんにちは。経営学部経営学科3年の杉山豪希です。 物事を考える時、その思考法は3つあります。1つは2次元思考、これは表面で物事を捉える考え方です。受動的で目的意識がしっかりしていない人の考え方です。2つ目は3次元思考、表面ではなく物事を立体的に捉える考え方で、色々な角度から情報を取り入れられる人です。ここが一般レベルの考え方だと思います。最後の思考法は4次元思考です。これは3次元思考に時間軸を加えて考える方法で、目的の意味をしっかり考え未来の自分の姿が見えている人です。 大学生活を振り返ってみると自分は2次元思考で、大学の先生、コーチ、親などに言われた事しかやってきておらず常に受け身であったと感じています。なので3年生からは4次元思考で物事を捉えていきたいと思います。なぜ大学に通っているのか、なぜ部活をやっているのか、当たり前の事を当然とは思わず目的意識をしっかり定め、未来の自分がどうなっていたいのかを考え、そこから行動を選択し、残りの2年間悔いのないようにしたいと思います。

カテゴリー: 青山学院大学サッカー部部員 | コメントをどうぞ